【PR】タウンライフ家づくり

L型キッチンは使いにくい?デメリット&後悔ポイントを解説【実証】

l字キッチンのメリット5選 お家づくり
記事内に広告が含まれています。

我が家はL字型キッチンを採用しました!

この記事はこんな人におすすめ
  • L字型キッチンを採用して後悔したくない
  • 事前にデメリットも理解しておきたい

この記事では、実際に使用している私だからこそ言える、L字型キッチンのメリットを紹介します。

デメリットも合わせてお伝えしますので、事前に理解しておきましょう!

L字型キッチンを検討中の人は必見だよ!

間取りがまだならまずはコレ

間取りに不安がある方や、まだ間取りが決まっていない方こそ、無料でプロに相談してみましょう。

我が家は10通りほどの間取りを入手!

間取りのレパートリーを増やすことで、視野が広がりました。

\ え!?こんな間取りもあったのか! /
簡単!たった3分で申し込みOK

スポンサーリンク

結論!こんな人にL字型キッチンが向いてる

谷ノ内邸のLDK

L字型キッチンは、以下のような人におすすめです。

L字型キッチンはこんな人に向いている
  • 作業スペースを広くとりたい
  • 家族とのコミュニケーションを大切にしたい
  • 収納を充実させたい
  • 空間を広くみせたい

ただし、空間レイアウトのスペースに制限があることが注意です。

L字型キッチンを選ぶ際には、自分や家族のライフスタイルやキッチンで行う作業内容に合わせて、最適なレイアウトを選びましょう!

家をもう1度建てたとしてもL字キッチンを採用したいくらい気に入ってるよ!

あわせて読みたい

我が家のキッチンはグラフテクトを採用しました。

上記で詳しく紹介しています。

L字型キッチン5つのメリット

l字キッチン

L字型キッチンメリットは以下の5つがあると感じています。

L字型キッチンのメリット
  • 効率的な作業動線
  • 収納スペースの活用
  • 広々とした空間
  • 多様なデザイン
  • 選べるレイアウト

それでは1つずつ見ていきましょう!

効率的な作業動線

L字型キッチンは、野菜を洗う→切る→炒める などの行程がとてもスムーズ!

私は、基本的に毎日自炊をしています。

フルタイムで働いているため、帰宅してから料理をするため時間との勝負です。

コーナー部分が広々としているので、ストレスなく作業することが可能です。

料理が好きな方や時短したい方には、おすすめのレイアウトと言えるでしょう。

収納スペースの活用

L字型キッチンは、収納スペースを最大限に活用することができます。

その理由は、コンロ側の引き出しには鍋やフライパンなどを収納し、シンク下の引き出しにはまな板や包丁などを収納できるからです。

調理行程にあったアイテムを、適材適所に収納できることが魅力だと感じています。

さらに、対面側にも収納スペースを設けたことによって、リビングに物があふれることなく、スッキリ片付いています。

広々とした空間

L字型キッチンを壁付けにした場合は、広々とした空間を作り出すことができます。

また、一部を対面のL字型にしたレイアウトだと、壁やカウンターを使って他の部屋とつながりを持たせることもできます。

我が家の採用したのは、この一部対面のL字型キッチンです。

キッチンとリビングを分けつつも、一体感がある空間になっているため気に入っています。

家族とのコミュニケーションも豊かになるのではないでしょうか。

多様なデザイン

L字型キッチンは、多様なデザインに対応することができます。

例えば、カウンターやキャビネットの色や素材を変えることで、様々な雰囲気を演出することができます。

キッチンがおしゃれだと、毎日のお料理が楽しみになります。

私はあまりセンスがないから、単色カラーにしちゃったよ。えへへ。

選べるレイアウト

L字型キッチンは、左右どちらに壁を配置するかによって、レイアウトを選ぶことができます。

また、全て壁付にするか、片側を対面にするかによっても、自由度の高いレイアウトを実現することもできます。

私の場合は、このレイアウトの自由さがL字キッチン採用の決め手でした!

理由は、横付けダイニングを絶対に採用したい気持ちがあり、L字型なら間口に上手く収まったためです。

私の希望を叶えてくれた救世主のレイアウトでした。

L字型キッチンのデメリット

一方、デメリットについてもきちんと理解しておく必要があります。

L字型キッチンのデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

L字型キッチンのデメリット
  • スペースの制限
  • 交通量の増加
  • 掃除の手間
  • カウンターの高さの問題

どんなデメリットがあるのかな?

スペースの制限

L字型キッチンは、レイアウトが限定されています。

そのため、キッチン全体の広さや形状によっては最適なレイアウトを選ぶことができない場合があります。

私の場合は、逆にスペースが制限されたことによって、アイランドキッチンを諦めてL字型キッチンに変更しました。

しかし、部屋の広さや希望のレイアウトなどによっては、L字キッチンも入らないことも想定する必要があります。

どうしても譲れないレイアウトのキッチンがあるのであれば、間取りを決める前にキッチンを決めておく必要があるでしょう。

あわせて読みたい

アイランドキッチンについては上記で紹介しています。

交通量の増加

L字型キッチンは、キッチン内を自由に移動することができるため、家族や友人との交流がしやすいです。

その一方で、キッチン内の交通量が増加することもあります。

我が家の場合は夫婦で料理をすることも、しばしばありますがバックセットとの通路幅を十分に取っておいてよかったと感じます。

通路幅が狭いと、すれ違うことができないためストレスにつながってしまう可能性があります。

人が行き交うことができる通路幅が、非常に大切です。

掃除の手間

L字型キッチンは、角の部分が多いため掃除がしにくい場合があります。

特に、カウンターやキャビネットの隅の部分は、汚れや埃がたまりやすいので、定期的な掃除が必要です。

とは言え、アイランドキッチンと比べると掃除はしやすいと考えます。

アイランドキッチンの場合は油が床に飛び散ることがあります。

L字型キッチンなら、コンロが壁に面しているため掃除の手間はマシだと感じます。

掃除は結局しないといけないしね。ズボラな私にぴったりのキッチン!

カウンターの高さの問題

L字型キッチンは、カウンターの高さが一定であるため、身長が低い人や高い人にとっては、作業しにくい場合があります。

カウンターの高さを調整することで、快適な作業スペースを作り出すことができますが、カスタマイズには費用がかかる場合があります。

間取りは決まりましたか?

私はキッチンにおいて、間取り上の後悔はありません。

それは、事前に間取りをしっかりと考えていたからです。

間取りに不安がある方や、まだ間取りが決まっていない方こそ、無料でプロに相談してみましょう。

「間取りのたたき台として活用」することや、「セカンドオピニオンとして活用」することが可能ですよ。

間取りは複数の視点から作成できるとよいでしょう。

すでに間取りをもらっている方は、異なる視点で考えてもらうことができます。

これから間取りを検討するという方は、無料なので気軽に相談してみましょう。

プロに頼むとこんなメリットが!
  • 視野の広さと経験に基づく設計ができる
  • ライフスタイルに合った設計ができる
  • プランの可視化ができる
  • コストの削減ができる
  • 法令や規制に対応した設計ができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました