サイディングの外壁はおしゃれだけど欠点は?主要4種のメリット解説 - タニノウチ | 後悔しないお家づくり
【PR】タウンライフ家づくり

サイディングの外壁はおしゃれだけど欠点は?主要4種のメリット解説

サイディングの外壁デメリット5選 お家づくり
記事内に広告が含まれています。

家を建てる際、外観のデザインや耐久性を考慮するのは非常に重要なポイントです。

その中でも、外壁の素材は家の印象を大きく左右します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 外壁を何にするか悩んでいる
  • 外壁をサイディングにするメリットやデメリットが知りたい

最近では、サイディングが人気のある外壁素材として注目されていますが、一方で選んでから後悔する人も少なくありません。

この記事では、外壁をサイディングにするメリットとデメリットについて詳しく探ってみます。

外壁選びの参考になったら嬉しいな!

合わせて読みたい

我が家の外壁は漆喰とガルバリウムを検討しましたが、ガルバリウムを採用しました。

上記で詳しく紹介しているので、外壁選びに迷っている方は参考にしてみてくださいね。

間取りがまだならまずはコレ

間取りに不安がある方や、まだ間取りが決まっていない方こそ、無料でプロに相談してみましょう。

我が家は10通りほどの間取りを入手!

間取りのレパートリーが多いほど、視野が広がりますよ。

\ え!?こんな間取りもあったのか! /
簡単!たった3分で申し込みOK

スポンサーリンク

外壁をサイディングにするデメリットは5つ

サイディングの外壁

結論から言うと、外壁をサイディングにするデメリットは5つあります。

外壁をサイディングにするデメリット5選
  • 劣化が早い場合がある
  • 修理が難しい
  • 繊細な素材
  • 色あせやすい
  • 設置に専門知識が必要

1つずつ解説していきますね。

劣化が早い場合がある

品質に差があるため、安価なサイディングは劣化が早いことがあります。

品質にこだわることが重要です。

安ければいいってものでもないんだね。

修理が難しい

サイディングは一枚一枚が独立しているため、一部分だけの修理が難しいことがあります。

全体を交換することが一般的です。

メンテナンスも見越さないとだね。

繊細な素材

サイディングは比較的薄い素材でできているため、衝撃に弱いです。

特に子供やペットがいる家庭では注意が必要です。

色あせやすい

長時間紫外線にさらされると、色あせが生じることがあります。

適切なUVコーティングを施すことで対策できます。

設置に専門知識が必要

サイディングの設置は専門的な知識と技術が必要です。

素人が施工すると、後々のトラブルの原因になる可能性があります。

事前にデメリットを理解してトラブルを回避!

外壁をサイディングにするメリット5選

もちろん、外壁をサイディングにするメリットもあります。

外壁をサイディングにするメリット5選
  • 耐久性が高い
  • メンテナンスが簡単
  • 多彩なデザイン
  • 断熱効果がある
  • リーズナブルな価格

こちらも1つずつ解説していきますね。

耐久性が高い

サイディングは耐久性があり、長期間にわたって外観を美しく保ってくれます。

風雨や紫外線から家を守ります。

メンテナンスが簡単

塗装が不要で、水洗い程度の手入れで外壁を清潔に保つことができます。

手間をかけずに美しさをキープできます。

色味や材質次第では、お手入れラクラクそう!

多彩なデザイン

様々な色やデザインがあるので、自分の好みや家のスタイルに合わせて選ぶことができます。

外観のカスタマイズが容易です。

何にしようか迷える楽しみがあるね!

断熱効果がある

サイディングには断熱材を挟んでいるものもあり、断熱性に優れています。

冷暖房効果が高まり、エネルギーコストを抑えられます。

リーズナブルな価格

他の外壁素材に比べて比較的リーズナブルな価格で手に入れることができます。

コストパフォーマンスが高いのも魅力です。

コスパも見た目もよいってバランスがいいね。

サイディングの種類4選と特徴

サイディングの外壁

サイディングは主に4つの種類があります。

どのサイディングもそれぞれの利点があるので、外壁選びの参考にしてみてください。

サイディングの種類4選
  • 窯業系サイディング
  • 金属サイディング
  • 樹脂サイディング
  • 木質系サイディング

特徴について1つずつ解説していきます。

窯業系サイディング

窯業系(ようぎょうけい)サイディングは、粘土やセメントなどの天然鉱物を主成分とした耐久性のある素材です。

窯業系サイディングの特徴

  • 耐久性が高く、長期間にわたって変色や劣化が少ない
  • 防火性があるため、火災に強い
  • 窯業系サイディングは自然な風合いを持っており、多様なデザインや色が提供されている

豊富なバリエーションといえばコレ!

金属サイディング

アルミニウムや鋼鉄などの金属を使用した軽量で耐久性のある素材。

金属サイディングの特徴

  • 軽量で施工が比較的簡単
  • 耐久性があり、腐食や劣化に強い
  • 現代的で洗練された外観を持っており、メンテナンスが簡単

スタイリッシュが好きならコレ!

樹脂サイディング

プラスチック樹脂(主にポリウレタンやPVC)を使用した軽量なサイディング。

樹脂サイディングの特徴

  • 防水性に優れ、腐食やカビに強い
  • 施工が簡単で、複数の色やデザインが選べる
  • 軽量で取り扱いが容易
  • 保温性もある

メンテナンスに優れてそう!

木質系サイディング

天然木や木質繊維を使用した、自然な風合いを持つサイディング。

木質系サイディングの特徴

  • 自然素材の風合いを生かした外観が魅力
  • 施工後も木の風合いが残り、経年変化を楽しむことができる
  • 通気性があり、調湿性にも優れている

自然の風合いが好きならコレかな。

それぞれのサイディングには特有の特徴があり、自分の家のスタイルや環境に合わせて選ぶことが大切です。

サイディングは種類が豊富でおしゃれ

まとめると、サイディングは手入れが簡単で多彩なデザインが楽しめる反面、劣化や修理の難しさに注意が必要な素材です。

自分の家のニーズや予算に合わせて慎重に選びましょう。

どんな素材を選ぶにせよ、家の外観と耐久性を守るために、適切なメンテナンスが大切です。

間取りがまだならまずはコレ

間取りに不安がある方や、まだ間取りが決まっていない方こそ、無料でプロに相談してみましょう。

我が家は10通りほどの間取りを入手!

間取りのレパートリーが多いほど、視野が広がりますよ。

\ え!?こんな間取りもあったのか! /
簡単!たった3分で申し込みOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました