回遊動線はいらない!やめた理由と後悔につながること3選 - タニノウチ | 後悔しないお家づくり
【PR】タウンライフ家づくり

回遊動線はいらない!やめた理由と後悔につながること3選

回遊動線で後悔する?やめた理由 お家づくり
記事内に広告が含まれています。

回遊動線は家の中をスムーズに移動するためのルートを指します。

新築の家を建てる際、多くの人々は回遊動線の重要性について耳にします。

この記事はこんな人におすすめ
  • 回遊動線を検討している
  • 回遊動線にして後悔しないか不安

しかし、私は逆に回遊動線を意識的に取り入れない選択をしました。

今回は、私が回遊動線をやめた理由と、この決断が後悔につながる可能性のある3つの理由をご紹介します。

我が家が回遊動線をやめた理由とは?

回遊動線を検討している人は必見だよ。

間取りがまだならまずはコレ

間取りに不安がある方や、まだ間取りが決まっていない方こそ、無料でプロに相談してみましょう。

我が家は10通りほどの間取りを入手!

間取りのレパートリーが多いほど、視野が広がりますよ。

\ え!?こんな間取りもあったのか! /
簡単!たった3分で申し込みOK

スポンサーリンク

回遊動線をやめた3つの理由

我が家は回遊動線をやめる決断をしました。

私は以下の理由からこれを取り入れない道を選びました。

回遊動線をやめた3つの理由
  • 間取りに希望を詰め込んだ
  • スペースを最大活用したかった
  • 広い家でないため回遊する必要がなかった

しかし、この決断はあくまで我が家のニーズや優先事項に基づくものであり、他の家庭にとっては回遊動線が重要な場合も多くあります。

こんな意見もあるんだ〜って参考にしてね。

それでは、1つずつ解説します。

間取りに希望を詰め込んだ

家の間取りにおいて、回遊動線を持つことで間取りが制約されることがあります。

間取りに希望の条件を全て取り入れたかったため、回遊動線で制限を設けたくありませんでした。

合わせて読みたい

間取りに詰め込んだ希望は上記で触れています。

参考にしてみてくださいね。

スペースを最大活用したかった

回遊動線を設けると、通路や廊下が必要になり、これが貴重なスペースを占める可能性があります。

私はできるだけ広々とした空間を持ちたかったので、無駄なスペースを減らすことを選びました。

広い家でないため回遊する必要がなかった

我が家はLDKが16.5畳と、20畳以上のLKDと比べると広くありません。

そのため、移動距離が短く済むため回遊する必要がありませんでした。

めっちゃ広い家なら採用してたかも。

回遊動線のデメリット3選

私が回遊動線をやめた理由と合わせて、その他のデメリットを紹介します。

回遊動線のデメリット3選
  • スペースの制約
  • 家族のプライバシーの制約
  • リフォームの複雑化

1つずつ解説しますね。

スペースの制約

回遊動線を持つことで、部屋の配置が限られ、スペースの有効活用が難しくなります。

特に小さな家では、スペースの最大限の利用が求められます。

まさに我が家はこの理由でやめた!

家族のプライバシーの制約

回遊動線のある家では、他の家族メンバーが通り過ぎることでプライバシーに関する問題が発生する可能性があります。

特に寝室や個人の空間では、これが大きな問題となることがあります。

回遊動線を採用するなら、間取りをしっかり考慮しないとね。

リフォームの複雑化

将来的に家をリフォームする際、回遊動線があると既存の構造を変えることが難しくなります。

新たな間取りに変更する場合、制約を受ける可能性が高いです。

将来も見通さないとだね。

回遊動線のメリット3選

もちろん、回遊動線のメリットもあります。

回遊動線のメリット3選
  • 家事の効率化
  • 空気の循環
  • 視覚的な一体感

1つずつ解説していきます。

家事の効率化

家の中をスムーズに移動できることは、家事を効率的にこなせます。

家事の時短ができるならイイネ!

空気の循環

適切な回遊動線を持つことで、室内の空気が適切に循環します。

これにより、換気が促進され、快適な居住空間が維持されます。

うまく活用すれば、空調も一定になりそうだね。

視覚的な一体感

正しく設計された回遊動線は、家全体を一体感のある空間として繋げます。

適切な配置によって、家の広がりを感じやすくし、居住空間をより広く見せる効果があります。

回遊動線を採用する際のポイント

家を建てる際に回遊動線を取り入れるかどうかを決める際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

回遊動線を採用する際のポイント
  • 家族のライフスタイル
  • 家のサイズとレイアウト
  • 将来の変化
  • 予算

1つずつ解説します。

家族のライフスタイル

家族構成生活習慣によって、回遊動線の必要性が変わります。

小さな子供のいる家庭では、子供が安全に遊べるエリアを確保する必要があります。

高齢者がいる場合には、安全な移動ができるように工夫することが重要です。

ライフスタイルを考えた間取りにしようね。

家のサイズとレイアウト

家の広さや配置によって、回遊動線を配置する余地があるかどうかが変わります。

狭小住宅では、スペースの有効利用を優先することが多いです。

我が家は回遊するスペースがなかったよ。

将来の変化

将来的に家族構成が変わる可能性を考慮すると、柔軟な間取りが求められます。

部屋の役割を変更したり、増築したりする可能性がある場合には、それを見越して設計すると良いでしょう。

予算

回遊動線を取り入れることで、建築コストが上昇する可能性があります。

予算内でバランスを取りながら、必要な回遊動線を設計に取り入れることが求められます。

事前に回遊動線を採用するポイントを知っていれば後悔なし!

このような要因を考慮しながら、自身の家庭のニーズに最適な選択をすることが、後悔を避けるために重要です。

家づくりは家族それぞれの生活スタイル価値観に合わせて、慎重な計画と選択が求められます。

まとめ!ライフスタイルを考慮しよう

回遊動線は一概に正しいか誤っているかという問題ではなく、家族のライフスタイルや好み家のサイズによって適切な選択が異なります。

なにを優先するべきか、じっくり考えられるといいですね。

不安は、間取りで解決できる場合があります。

間取りのアイデアを集めることは大事だよ。

間取りがまだならまずはコレ

間取りに不安がある方や、まだ間取りが決まっていない方こそ、無料でプロに相談してみましょう。

我が家は10通りほどの間取りを入手!

間取りのレパートリーが多いほど、視野が広がりますよ。

\ え!?こんな間取りもあったのか! /
簡単!たった3分で申し込みOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました