ベランダなしで後悔なし!【新築にいらない理由10選】布団干しは? - タニノウチ | 後悔しないお家づくり
【PR】タウンライフ家づくり

ベランダなしで後悔なし!【新築にいらない理由10選】布団干しは?

バルコニーなしのメリット10選 お家づくり
記事内に広告が含まれています。

近年、バルコニーをなくす新築一戸建てが増えていますよね。

この記事はこんな人におすすめ
  • バルコニーを採用するか迷っている
  • バルコニーをなくす人が増えているが、なくしていいか不安

この記事では、バルコニーをなくした私が、なくすべき理由をお伝えします。

バルコニーを付けるか迷っている方、必見だよ!

\ 間取りがまだなら、まずはコレ /

スポンサーリンク

バルコニー(ベランダ)をなくすメリット10選

結論から言うと、バルコニー(ベランダ)をなくすメリットは10個あります。

バルコニー(ベランダ)をなくすメリット10選
  • スペースの有効活用ができる
  • 維持管理の簡素化ができる
  • プライバシーの向上
  • エネルギー効率の向上
  • 騒音の軽減
  • 建築費用の削減
  • 耐震性の向上
  • 安全性の向上
  • 室内空間のデザインの柔軟性
  • セキュリティの向上

1つずつ解説していきます。

スペースの有効活用ができる

バルコニーがない場合、そのスペースを室内の部屋に取り込むことができます。

例えば、リビングルームや寝室を広くすることができます。

我が家のバルコニーをなくした理由No.1!

バルコニーをなくすことで生まれたスペースを有効に使って、間取りを見直してみましょう。

維持管理の簡素化ができる

バルコニーは屋外空間であり、風雨や汚れにさらされるため、定期的な掃除やメンテナンスが必要です。

バルコニーがなければ、その手間を省くことができます。

No.2の理由がコレ!

掃除をする手間をなくしたい人ほど、バルコニーを作らないことをおすすめします。

プライバシーの向上

バルコニーがない場合、外からの視線を気にする必要がありません。

室内でのプライバシーが確保されます。

エネルギー効率の向上

バルコニーがあると、室内への日差しや熱が入り込みやすくなります。

バルコニーがない場合、冷暖房の効率が向上し、エネルギーの節約につながります。

騒音の軽減

バルコニーがあると、外部の騒音が室内に伝わりやすくなります。

バルコニーがない場合、静かな居住環境を保つことができます。

建築費用の削減

バルコニーを設置するには追加の建築コストがかかります。

バルコニーがない場合、建築費用を抑えることができます。

バルコニーが必要ない人は、減額できて一石二鳥!

耐震性の向上

バルコニーは建物の一部として構造上の弱点となることがあります。

バルコニーがなければ、建物全体の耐震性が向上します。

安全性の向上

バルコニーがない場合、高所からの転落や落下のリスクがなくなります。

特に子供やペットの安全に配慮することができます。

室内空間のデザインの柔軟性

バルコニーがなければ、建物の外観や室内の配置をより柔軟に設計することができます。

建物の外観や室内空間のデザインに制約が少なくなります。

セキュリティの向上

バルコニーがない場合、外部からの盗難や不正侵入のリスクが低下します。

バルコニーは侵入経路となる可能性がありますが、それがなければセキュリティ面で安心です。

バルコニーをなくすメリットがこんなにあるんだね!

続いて、実際にバルコニーをなくした我が家の布団や洗濯事情について紹介します。

バルコニー(ベランダ)なしの布団と洗濯事情

次に、バルコニーをなくした我が家の布団と洗濯事情をお伝えします。

バルコニーをなくした我が家の布団と洗濯事情
  • 洗濯物は浴室乾燥機&ランドリールームを活用
  • 布団干しはアイリスオーヤマの布団乾燥機を活用
  • 洗えるベッドパッドと掛け布団を活用

1つずつ解説していきます。

洗濯物は浴室乾燥機&ランドリールームを活用

賃貸アパート時代、ベランダがあったものの活用することはほぼありませんでした。

我が家は共働きのため、洗濯するのはほとんど夜間です。

そのため、バルコニーを作る代わりにランドリールームを採用しました。

天気や時間帯に左右されず、洗濯できるためランドリールームは重宝しています。

お風呂に浴室乾燥機の機能も付けたので、急ぎの乾燥にも対応できています。

関連記事

浴室乾燥機のスペースでは収まらない場合は、脱衣所兼ランドリールーム内にて干しています。

その際、アイリスオーヤマの除湿機を使用しています。

我が家の場合は洗濯物を溜めてから、一気に洗濯したりすることがあるので除湿機も大いに活躍してもらってます。

除湿機の方が、浴室乾燥機よりも電気代が安いので急ぎではない場合はこちらを使用。

タイマー機能が付いているので、夜間電力でよりお得に洗濯物を乾燥できます。

布団干しはアイリスオーヤマの布団乾燥機を活用

バルコニーをなくすことで心配されるであろう、布団干しはどうするのか問題。

我が家はアイリスオーヤマの布団乾燥機を使用しています。

こちらは、布団にノズルを差し込むだけで簡単に布団乾燥ができます。

布団をいちいちベランダに干しに行くよりも、かなりハードルが低くなると感じました。

また、冬の寒い時期には寝る前に布団を温めることができるので、快適に眠れますよ。

ノズルが1本だけのタイプも販売されていますが、2本をおすすめします。

より広範囲を時短で温めることが可能ですし、濡れた靴の乾燥もできます。

洗えるベッドパッドと掛け布団を活用

我が家の場合は寝具自体も洗えるものを使用しています。

洗濯機で洗える寝具で揃えることで、ベランダで干せなくても室内で干すことができます。

実際に使っているのは以下のベットパッドと掛け布団です。

セールの時期を狙ったり、楽天お買い物マラソンなどの買い回りでお得に揃えました。

実店舗で購入するよりも、安く良いものを揃えることができたので満足しています。

続いて、少し番外編!

バルコニー(ベランダ)なしでも自然は感じられる

バルコニーで植物や天気などの自然を感じたい人もいるでしょう。

しかし、バルコニーがなくても自然を感じられると私は考えます。

自然を感じるための我が家の工夫は2つです。

自然は室内に観葉植物を置いた

我が家は玄関とリビングに観葉植物を置いています。

クアドロスリム

観葉植物なら、バルコニーで植物を育てるよりも手軽でしょう。

また、リビングなどの空間に置くことで、より自然を身近に感じられるのではないでしょうか。

お世話がラクな植物を選べばズボラさんでもOK!

日光浴は天窓(トップライト)で

バルコニーのない我が家でも天窓で日光浴を楽しんでいます。

タニノウチの天窓

1階のリビングに天窓がありますが、2階の寝室から起きてくるとすぐに日光を浴びれます。

関連記事

天窓については、上記の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

バルコニー(ベランダ)が必要な人

逆に、バルコニーを採用した方がいい人の特徴を紹介します。

バルコニー(ベランダ)が必要な人
  • 家での趣味やガーデニングに興味がある人
  • 屋外での過ごしを重視する人
  • 新鮮な空気を取り入れたい人
  • 日光浴や星空観察を楽しみたい人

それでは、1つずつ説明します。

家での趣味やガーデニングに興味がある人

趣味やガーデニングに熱心な人にとっては、バルコニーが必要不可欠となるでしょう。

バルコニーは植物の育成やハーブの栽培、小さな庭園の作成などに最適なスペースです。

また、バルコニーから外の風景を眺めたり、植物を育てたりすることで、自然との触れ合いやリラックスを求める人にとってバルコニーは魅力的でしょう。

屋外での過ごしを重視する人

バルコニーは屋外空間として利用できるため、外でのくつろぎや食事を楽しみたい人にとって、バルコニーは必要な要素となるでしょう。

バルコニーは友人や家族との集まりやバーベキュー、リラックスした時間を過ごす場所として利用できます。

外での社交や娯楽を重視する人にとって、バルコニーは有用なスペースとなるでしょう。

新鮮な空気を取り入れたい人

バルコニーに出て空気を吸いながらリフレッシュしたいと考える人にとって、バルコニーは居住環境の一部として重要な役割を果たします。

日光浴や星空観察を楽しみたい人

バルコニーに出て日光浴をしたり、夜に星空を楽しんだりすることができます。

自然の中でリラックスや癒しを求める人にとって、バルコニーは魅力的な要素となるでしょう。

必要に応じて、検討しようね!

バルコニー(ベランダ)なしなら間取りの幅も広がる!

バルコニーを作らないことで、削減できたスペースを活用できます。

その結果、間取りの幅も広がりますよ。

我が家も、限られたスペースの中でバルコニーをなくし、理想の間取りを実現しました!

こちらから、プロに無料で間取りを作ってもらえますよ。

プロに頼むとこんなメリットが!
  • 視野の広さと経験に基づく設計ができる
  • ライフスタイルに合った設計ができる
  • プランの可視化ができる
  • コストの削減ができる
  • 法令や規制に対応した設計ができる

\ 簡単3分で申し込み /

まだ間取りが決まっていない方は、たたき台として活用できます。

手元に間取りはあるものの、納得がいかない場合はセカンドオピニオンとして活用しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました