【PR】タウンライフ家づくり

トイレの手洗いなしで後悔?【ありなし両方採用】私の体験談と工夫

トイレに手洗いなしは後悔する?ありなし両方採用した体験談と工夫 お家づくり
記事内に広告が含まれています。

トイレは日常の生活において避けて通れない場所の一つです。

しかし、その中でも手洗いなしのトイレは、快適なトイレタイムを阻害しかねないデメリットがいくつか潜んでいます。

一方で、手洗いなしトイレにもメリットがあることも事実。

この記事はこんな人におすすめ
  • トイレに手洗い器を採用するか検討している
  • デメリットがあるなら事前に回避したい

この記事では、手洗いなしトイレのデメリットやメリット、そして後悔しないための方法について詳しく探っていきます。

トイレの手洗い器を検討中の人は必見だよ!

間取りがまだならまずはコレ

間取りに不安がある方や、まだ間取りが決まっていない方こそ、無料でプロに相談してみましょう。

我が家は10通りほどの間取りを入手!

間取りのレパートリーを増やすことで、視野が広がりました。

\ え!?こんな間取りもあったのか! /
簡単!たった3分で申し込みOK

スポンサーリンク

我が家のトイレ手洗いの工夫

我が家は、トイレの手洗い器のありなしを両方採用しました。

我が家のトイレ手洗いの工夫
  • 1階トイレは洗面台と兼用
  • 2階トイレは手洗い器を設置

工夫について詳しく紹介します。

1階トイレは洗面台と兼用

洗面台

1階トイレの手洗い器はなくした代わりに、廊下にある洗面台と兼用することにしました。

洗面台はトイレのすぐそばにあるため、トイレの後にあちこち触る心配はありません。

合わせて読みたい

我が家の洗面台については上記で紹介しています。

2階トイレは手洗い器を設置

ネオレスト RH1

一方、2階のトイレは手洗い器を設置しました。

2階部分に手洗い器があることで、わざわざ1階まで降りなくても水が使えるため便利です。

合わせて読みたい

我が家の1階と2階のトイレについては上記で詳しく紹介しています。

トイレに手洗いなしのデメリット5選

まずは、トイレに手洗いなしのデメリットを見てみましょう。

トイレに手洗いなしのデメリット5選
  • 衛生的な問題
  • 悪臭の発生
  • 外部からの汚染リスク
  • 手荒れや健康被害
  • 美容への影響

1つずつ紹介していきます。

衛生的な問題

手洗いなしのトイレは、手を洗う機会が限られるため、衛生的な問題が発生しやすいです。

特に感染症の予防にとって、手洗いは欠かせません。

最も、手洗いなしで気にする部分かもね。

悪臭の発生

手洗いなしでトイレを使用すると、手についた汚れや細菌が原因で悪臭が発生しやすくなります。

これが継続すると、トイレ全体の臭いが気になります。

あちこち触っちゃダメ〜!

はいですぅ〜。

外部からの汚染リスク

家族や来客が多い家庭の場合、手洗い設備がないトイレを使用すると、外部からの汚染リスクが高まります。

消毒を設置するなど工夫しなきゃね。

手荒れや健康被害

手洗いを怠ることで、手荒れや健康被害が懸念されます。

特にウイルスや細菌の拡散を防ぐためには、適切な手洗いが不可欠です。

手洗いって大切だよね!

美容への影響

手洗いなしでトイレを使用することで、手から顔への移動により肌トラブルが発生しやすくなります。

美容にこだわる人にとっては注意が必要です。

トイレから出たらすぐに手洗い!

トイレに手洗いなしのメリット5選

もちろんトイレに手洗いなしのメリットも存在します。

トイレに手洗いなしのメリット5選
  • スペースの節約
  • 設置コストの削減
  • 地球にやさしい
  • メンテナンスが簡単
  • デザインの自由度が高い

メリットも1つずつ紹介します。

スペースの節約

手洗い設備がない分、トイレの空間を有効活用できます。

特に狭いスペースのトイレでは、手洗いなしの設計が選択されることがあります。

広々トイレでゆったり過ごせるよ。

設置コストの削減

手洗い設備を設置しないことで、設置コストを削減できます。

予算が限られている場合、手洗いなしのトイレは選択肢の一つとなります。

我が家もコストカットできたよ!

地球にやさしい

手洗いなしのトイレは、水の使用が少ないためエコフレンドリーです。

水を節約することが環境への配慮となります。

エコってなんか素敵だよね。

メンテナンスが簡単

手洗いなしのトイレは、手洗い設備がない分、メンテナンスが簡単です。

清掃作業がシンプルで、手間をかけずに済みます。

ズボラな私にとって掃除箇所が減ると嬉しい!

デザインの自由度が高い

手洗いなしのトイレは、デザインの自由度が高いです。

手洗いスペースが不要なため、トイレのデザインの幅が広がります。

毎日使うトイレだからこだわりたいよね。

トイレに手洗いなしで後悔しない方法3つ

トイレに手洗いなしで後悔しないためには、以下の点を気をつけてみましょう。

トイレに手洗いなしで後悔しない方法3つ
  • 手指消毒用アイテムの活用
  • トイレ使用後の手洗いを徹底
  • トイレ選びの際に配慮

1つずつ紹介します。

手指消毒用アイテムの活用

手洗い設備がない場合でも、手指消毒用のアイテムを利用することで、一定の衛生水準を保つことができます。

アルコールジェルや除菌シートをトイレに常備しておくと良いでしょう。

パーティードレス&小物フリージア
¥3,800 (2024/01/30 21:32時点 | 楽天市場調べ)

工夫次第でデメリットも回避できそう!

トイレ使用後の手洗いを徹底

手洗い設備がないトイレを使用した場合は、トイレ使用後に手洗いを丁寧に行うことが重要です。

手洗いなしの状況でも、手の衛生を保つために手をこまめに洗うよう心がけましょう。

僕もちゃんと手を洗うよ!

トイレ選びの際に配慮

トイレを選ぶ際には、手洗い設備の有無を含め、将来の利便性を考慮することが重要です。

トイレのデザインや節水機能だけでなく、手洗いができるかどうかもトイレ選びのポイントとなります。

手洗い設備も忘れず考慮してみようね。

まとめ

トイレに手洗いなしは、利便性の観点からはデメリットがありますが、スペースやコストの面でメリットも存在します。

重要なのは、自分のライフスタイルや設置環境に合わせてトイレを選ぶことです。

手洗いなしのトイレを利用する際には、代替手段として手指消毒アイテムを上手に活用し、清潔なトイレ環境を維持できるよう心がけましょう。

トイレ選びにおいては、将来的な利用シーンや生活スタイルを見据えた上で、バランスの取れた選択を心掛けましょう。

間取りがまだならまずはコレ

間取りに不安がある方や、まだ間取りが決まっていない方こそ、無料でプロに相談してみましょう。

我が家は10通りほどの間取りを入手!

間取りのレパートリーを増やすことで、視野が広がりました。

\ え!?こんな間取りもあったのか! /
簡単!たった3分で申し込みOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました